「ステイ・スモール」で一つ一つの取組を大切に

起業するからには、会社を大きくして大きな利益を上げたい、と思う方も多いと思います。そのような野心が、数多くの大企業を生み出し、イノベーションと雇用をもたらしてきました。私が9月まで勤めていたソフトバンクグループもまさにその代表例の一つです。身一つで起業し、現在あれほどのコングロマリット+投資会社を差配されている孫正義社長の経営手腕は、現代の日本の企業人ではおそらくトップなのではないでしょうか。私もその中で働いたことで、その組織文化の素晴らしさや利益追求のシビアさ、トップのビジョン・カリスマの重要性などたくさんのことを学ぶことができました。

また、それ以前を振り返れば、霞が関での勤務も大組織での貴重な経験でした。いま外に出てみて感じることは、国家権力というものの力の強さです。それはもちろん、公益のためというその目的が最大限尊重されるということが一つの源泉ですし、法令を解釈し運用することができる立場であるということも大きいです。政策実現という錦の御旗の下に、様々な人的ネットワークを駆使することもできます。そのようなありがたい環境の中で、日々の事務作業がどのようなアウトプットにつながるのか、権限を行使するとはどういうことか、関係者の利害を調整して物事をつつがなく進めることがいかに難しいかなど、様々なことを知らず知らずのうちに教わっていたような気がします。

そのような、大きな組織でなければできないこともたくさんありますが、逆に小さい組織だからこそできるようなこともあるのではないか、という思い(仮説)があり、いまはこの夢研においていくつかの取組を進めています。その中で、小さい組織の一番の強みだと思っているのは、一つ一つの案件にカスタマイズして、深く取り組めることが容易であるということではないか、ということです。

その思いを後押ししてくれるような内容が書かれている本として、「ステイ・スモール 会社は『小さい』ほどうまくいく」という本を最近読みまして、とても勇気づけられました。この本ではいくつもの大事なことを指摘しているのですが、私が一番意識しようと思っていることは、「いま見えている顧客を大事にすることを最優先する」ということです。

新しい会社を作り、意気込みが高まっていればなおさら、「たくさんの人に会社の存在を知ってもらいたい」「たくさんの人の役に立ちたい」という思いが高まります。私もそういう思いに駆られることが多く、またそれ自体は目指すべきところではあるのでいいのですが、その思いが強くて前のめりになるといいますか、早く案件が欲しいとか、早くたくさんのことをしたいと動きすぎるようなことになってしまうこともあります(もちろん、その方が利益も大きくなるのではないか、ということもあります)。

しかし、この「ステイ・スモール」の本で書かれているのは、そういう強い思いがあるからこそ、まずは目の前の顧客にしっかりと向き合って、いま取組をさせていただいている方にご満足いただくことが、何より重要なことである、ということでした。そうしてサービスの質が磨かれることで、結果的には新しい顧客の獲得にもつながります。

また、もう一つ重要なことは、案件が増やせる立場になっても無理に増やすことなく、会社を小さいままにしておくことこそ、価値のある仕事につながる、という考え方でした。最近の事例などを分析すると、拡大を志向するあまり質が低下したり、あるいは無駄なコストを抱え込んでしまう企業が少なくない、ということが指摘できるそうです。最後には働き方の価値観などにも左右されると思いますが、多様化した社会であるからこそ、小さくて自分の手の及ぶ範囲で活動する企業が生き延びる余地は大きく、むしろ社会へのインパクトを与えられる可能性は高い、また生き方としても仕事と生活の調和を取ることが容易である、としています。

このような考え方は、現代社会における効率至上主義に一石を投じるものですし、大きい企業でないとインパクトのある成果は出せないという思い込みが本当にそうかという、挑戦を投げかけているものです。とはいえ、これまでの経済・社会では、大企業の存在が圧倒的であり、少し前であれば、本当にそうなの?と自分も懐疑的になったのではないかと思います。

ただ、ウィズコロナの時代となり、いまはオンラインでいつでもどこでも会議ができています。また、SNSで世界中の人とすぐにつながり、やり取りができるようになりました。そのようなテクノロジーの恩恵を受け、また人々の意識も急速に変わり、経済活動の主体がマクロからミクロにその大きさを変えていくという現象が静かにではありますが、無視できないスピードで進んでいるように感じます。「大企業が溶解して、その役割が小企業に細分化される」というようなイメージでしょうか。

また、この考え方を地域活性化の取組に広げると、小さな自治体、小さな集落、小さな組織であればこそできることがある、小さな自治体こそ価値のある取組を実現できる、という側面も見いだせるかもしれません。それが見えてくれば、これまで財政基盤や合理化等の観点から強力に進められてきた、市町村合併など行政の広域化重視の考え方に一石を投じ、小規模の自治単位による地域の多様性をより重視した行政システムの考察への流れに力を与えることにも、つなげられるのではないかと期待しています。

この夢研においては、自らが企業としてステイ・スモールを実践しつつ、その考え方が地域活性化においてどのように活用できるのか、しっかりと考えて取り組んでまいります。